ウーマン

角栓がニキビの原因になる|正しいケアをしよう

ハイパフォーマンスな成分

肌ケア用品

水溶性と油溶性

ビタミンc誘導体には大きく分けると水溶性と油溶性があります。化粧水に配合されているのが、水溶性のビタミンc誘導体です。水溶性は素早く角質層に浸透する性質があります。もともとビタミンC誘導体化粧水は吸収力に優れた成分です。スピーディーに角質層に浸透し、細胞を活性化する働きがあります。クリーム系に配合されているのは、油溶性のビタミンc誘導体です。油溶性ビタミンC誘導体は、じっくりと角質層に浸透します。そして肌の内部でゆっくり細胞に働きかけます。水溶性のようにスピーディーな効果はありませんが、持続力があるのが油溶性の特徴です。ビタミンc誘導体は本来水溶性の成分です。そのため、クリーム系には馴染みやすくするために合成界面活性剤が使用されています。

美白とアンチエイジング

スキンケアをすることは、肌のモイスチャーバランスを整えるために大切なことです。化粧水には、角質を柔軟にしてさまざまな栄養を蓄えやすくする効果があります。ビタミンc誘導体の化粧水は角質層に浸透して細胞に刺激を与えます。そして角質層の下にある真皮層まで働きかけるのが、ビタミンc誘導体の大きな特徴です。真皮層にはコラーゲンがあります。コラーゲンを生み出すのが線維芽細胞です。ビタミンc誘導体には、線維芽細胞を活性化して、コラーゲンを増やす効果があります。それによって肌にハリが生まれ、たるみの改善ができます。また、シロチナーゼの発生を抑えてシミやソバカスやくすみを予防する効果もあります。美白やアンチエイジングに優れた効果がある、ハイパフォーマンスな成分がビタミンc誘導体です。